toggle
2018-03-01

エド・インターの「たたいてコロン」を貰いました!(遊び方をご紹介!)

どうも!ヨリトさんです。

以前、友人の結婚式でもらったカタログギフトでエド・インターの「たたいてコロン」というおもちゃを注文したんですけどこれが、1歳の次男くんにぴったりのおもちゃだったので、本日はその「たたいてコロン」についてご紹介したいと思います!

 

 

 

 

スポンサーリンク

エド・インターについて

「たたいてコロン」をご紹介する前に、そもそもエド・インターってどんなおもちゃメーカーなの?

ってことなので簡単にご説明しますね!

 

エド・インターは幼児教室の設立をきっかけに誕生しました。

当時、木製の知育玩具といえば、ヨーロッパからの高価な輸入品しかありませんでした。

そこで自ら、木製知育玩具の企画・製造を始めたのです。

子どもたちの未来を見つめ、将来の地球を担う彼らの成長に貢献することが私たちの願いです。

グローバルな視野と考え方を持った大人になってもらえるよう、さまざまな観点から心と身体の発達に効果的な商品をつくるよう心がけています。

それ以来28年間、キャラクターものは扱わず、木や布のぬくもりを大切にした知育玩具一筋で商品の開発をしてまいりました。

日本における知育玩具のパイオニアであると自負しております。

エド・インター公式

幼児教室から生まれ、子どもの知育に特化した玩具メーカーで、ブランド名の由来は教育を意味するエドと国際的を意味するインターの2つの言葉からできているそうです。

また、安全にも非常にこだわっていて、エド・インターの玩具は全て日本玩具協会が定める安全基準STマークまたは、欧州規格(CE)の安全基準CEマークの認定を受けており、食品衛生法に基づく試験でも安全性が確認されていて子どもにも安心な塗料・染料を使用しているとのことです!(こだわりを持って製造しているメーカーは本当に安心できますね!)

なので、ケガや有害物質の影響もなく、口に入れても安全な知育玩具であると言えます。

たたいてコロン

はい!

「たたいてコロン」です。

このおもちゃは主に1歳半から4歳までを対象年齢とした玩具です。

穴の上に置かれた木で出来たカラーボールを付属のニワトリのハンマーで何回か叩くと穴の下に落ちどこからかの出口からボールが出てくるっていう知育玩具です。

最近、おもちゃなどで遊ぶことが少しずつ出来るようになってきた次男くんに丁度いいかなぁ?と思いこちらを注文しました。

たたいてコロンの特徴

・1つのボールを狙って叩くことにより、集中力が育まれる。

・ハンマーを強く握ることにより、手や指の機能向上となる。

・叩く→落ちる→出る の一連の動作から自分の動きと物の動きの関連性を見い出す基礎になる。

以上、大きく3つの特徴があるとの事です!

早速次男くんと遊んでみました!

ニワトリハンマーだとなかなかボールを落とすことができなかったのか、手で中に押し込んで遊んでいました。

ちなみにこれがニワトリハンマー!

可愛いです!

押し込んでます!

押し込んでます!

押し込んだ先のコロンって落ちる感覚が楽しいみたいで、

めちゃめちゃ集中して何度も落としてはまた乗せての動作を繰り返していました。

どうやら穴のストッパー部分のシリコンが最初のうちは硬かったみたいですが、終盤にはハンマーを使って器用に叩き落していました!

遊んでみた感想は?

「たたいてコロン」を実際に次男くんと遊んでみた感想ですが、まず凄い集中力を発揮したということ。

次男くんこんなにひとつのおもちゃで長く遊べるんやー!って驚くくらい夢中で穴にボールを押し込んでいました。

あと、構造上どこから出てくるか分からないため、穴に落としたあとどこから出てくるか探したりしていて、

「あっ!今脳をすごく刺激しているなぁ!」って見てて思いました。

叩くときに「ヨイショ!」とか、穴から出てくるときも、「どこから出てくるかなぁ??」などと声をかけるととても楽しそうにしていました!

 

個人的にこういう知育玩具は次男くんに買いたいな!と思っていたので、今回貰えて非常に良かったです!

他にもあるエド・インターの知育玩具

調べてみると、他にもたくさんエド・インターの知育玩具ってあるんですね!

自分の今後買ってみたいなぁ。って思ったアイテムをご紹介しますねー!

1.デザインつみき(1歳半〜)

画像引用元:エド・インター公式

可愛い台車に乗ったカラフルなつみきのセットです。

普通のつみきにはあまりない、振るとシャカシャカ音がなるビーズアクリルなどの素材を使っているので色や形、音や素材などの違いを遊びを通じて感じることが出来ます。

様々な色や形のつみきを使っての組み合わせは無限大です!

画像引用元:エド・インター公式

またつみきを収納する台車にはあらかじめ、つみきの絵柄が書かれているためお片づけを覚えてきた時期にとても重宝します!

 

2.森のメロディーメーカー(1歳半〜)

画像引用元:エド・インター公式

こちらは音遊びの「森のメロディーメーカー」という知育玩具です。

下の鍵盤を押すとぴょんぴょん動く丸いモチーフや付属のスティックで上の鍵盤から叩いて音を出したり。と2つの違った鍵盤を使い、音と動きの関連性に興味を持つことが出来ます。

また、音の強弱もつけることが出来るので指先の訓練にもなります。

画像引用元:エド・インター公式

その他にも森のメロディーメーカーで遊ぶことにより様々なちからが身につきます!

音楽が好きなお子さんには特にオススメかな。と思います。

3.森のあそび箱(1歳半〜)

画像引用元:エド・インター公式

これは、欲張りなセットですね!!これ一台で、

①型はめあそび

②数あわせあそび

③迷路あそび

④ビーズあそび

⑤音あそび

の、5つの遊びを楽しむことが出来ます!

画像引用元:エド・インター公式

片付けの際も、細かいものを中に詰めて、ビーズコースターをひっくり返して蓋をするだけなので簡単にお片づけをすることが出来ます。

4.ままごといっぱいセット(2歳〜)

画像引用元:エド・インター公式

お母さんのマネをするようになったらこのままごとセットはおすすめです。我が家もこのままごとセットを持っているんですが、野菜を切る際にザクって音がするくらいの切りごたえがあります。

付属のトレーを使って料理に見立ててテーブルに運ぶことが出来るのも嬉しい点です!

まとめ

「たたいてコロン」を中心にエド・インターの知育玩具についてご紹介させていただきました!

知育玩具って、子どもの動きやその年齢に応じた発達を促すように出来ているので親からしたら遊んでいる間に成長してくれて本当嬉しい限りです。

しかもエド・インターの玩具は安全性にもこだわっている為、安心して遊ぶことが出来る点もグッドですね!

1歳半の子どもから遊べる為、知育玩具を探している人には全力でおすすめします!

 

では、本日はここまで!

 

スポンサードリンク

関連記事

スポンサーリンク